2017年5月

  • アンティーク風の白いヘキサゴンタイルと、ひし形のタイルを使った洗面化粧台です。

    こちらの画像ではご覧頂けませんが、収納は無垢材を使ったオーダーです。

    収納の付いた鏡はお客様が丁寧に探された、程よい大きさで使いやすそうです。

    鏡が先に決まっていましたので、鏡の木部の色にタイル上のモールと洗面の台の本体の色を合わせて、

    自然塗料のリボスで塗装しました。

    全体のデザインを決めて、ボールに水栓金具を決めて、タイルにモールそして鏡は照明は・・・と、もちろんタイルの

    貼り方もあれやこれやと・・・。引出のつまみも忘れずに。

    今回はエプロン部に貼ったヘキサゴンタイルは、レースのようにギザギザになるようにご提案しました。

    そうして完成した洗面化粧台です。

    とってもおしゃれにできたな~!っと。思い入れもひとしおです。

    こんな風に、1ヶ所1ヶ所決めながらつる家づくりは、手間も時間もかかり大変ですが、

    既製品には無いあたたかさがあるな~っと。

    さて、そんな洗面化粧台にLEDのティーライトを添えてみました。

    ゴールドの水栓金具がキラキラしてとってもきれいです。

    長ーく使うものですから、お時間は少しかかりますが、気に入ったものをつくられる事をおすすめ致します。

     

     

1