2018.1.17

モデルハウスのこだわり その1 照明

今回モデルハウスの計画をするにあたり、コンセプトは30年40年・・・年月を重ね成長する家。

もちろん照明器具も年月と共に成長するものそして、ご家族の住まい方の変化に対応できるものでなくてはなりません.

そこで経年により味わいのます、フランス ジェルデ社のウォールライトを取り入れる事にしました。アームにより照射位置を変えられる事も、変化する生活に対応出きるという点も選択にあたり重要なポイントでした。

又、補助照明にダウンライトを避けレセクタクルを多用することで、電球のデザイン・明るさ・色を変える事が可能になります。

ダイニングの5灯の照明、キッチンのドロップ照明もその時々で変化を楽しんで頂ける点は共通しています。

今回のモデルハウスはブルックリンスタイルですので、古きよき素材を変化させその時代に適応させるというもう1つのコンセプトも

インダストリアルの照明器具は大切な役割を果たしてくれています。

 

Follow me!